Menu

会社員時代にやるべき準備

フリーランスエンジニアとして仕事をとる際は、実務経験と実績がモノを言います。そのため高卒エンジニアが独立して成り上がるには、会社員時代の実績作りが重要です。目指す将来像を描きながら実務経験とスキルを培い、資金などの独立準備を万全に整えましょう。退職のタイミングもよく見極めることが大切です。仕事を中途半端に放り出したり会社に迷惑をかけるような辞め方をすると、後々までトラブルの元になります。フリーランスエンジニアとして活躍するためには、円満退社が絶対条件です。

実務経験の蓄積が必須

実務経験の蓄積が必須

フリーランスのエンジニアとしてやっていくには様々な経験やスキルが必要になります。そしてこれらの経験やスキルはフリーランスになる前の会社員の段階でしっかり身に付けておく必要があります。では具体的にどのような経験やスキルが必要になるのでしょうか?また、どうしてその経験とスキルが必要になるのでしょうか?そういった疑問に答えるべく、ここではフリーランスになるのに必要な経験とスキルについて紹介します。必要な経験やスキルが身に付いているかどうかチェックしてみてください。READ MORE

独立前に確認すべき事項

独立前に確認すべき事項

独立をする際には事前にきちんと確認しておかなければならないことやマナーというものがあります。確認もせずに独立したいという気持ちだけで独立してしまうと勇み足へと繋がるおそれがあります。また、マナーが守れないようではその後の仕事に悪影響をおよぼすおそれがあります。今回は独立する際に最低でも確認しておきたい3つのポイントを紹介します。これらを確認しておくことでスムーズに独立することができ、また何かあった時にも上手に対応できるようになるでしょう。READ MORE

必要なお金と備品

必要なお金と備品

フリーランスになると様々な処理を自分でこなす必要があります。会社員時代だったら担当者がやってくれたお金周りの処理も、これからは自分で行うことになります。面倒ではありますが、フリーランスになる前にしっかり準備をしておくと便利になるケースがありますのでここで紹介していきたいと思います。とくにクレジットカードの作成やネット環境の整備は、必要になってから準備をし始めるようでは遅く仕事に影響が出てしまうおそれがあります。フリーになる前に準備をしておくか否かで差が出ますのでしっかり準備しておきましょう。READ MORE

這い上がるのにマストな能力

  • 学ぶべき経営者としての資質

    成功した多くの経営者には、共通して「成功する特徴」が見られます。自分も経営者として成功したいのであれば成功者の特徴を知り、そこから学ぶことが必要です。今回は「成功する経営者の資質」を紹介します。もし今のあなたにそれらの資質がなかったとしても、ここで学びこれから常に意識してそうなれるよう心掛けることで変わっていくことができます。ぜひ経営者である自分を成長させる機会にしてください。

  • 成功に不可欠なスキル

    成り上がることができる高卒エンジニアに必要なスキルとはどのようなものがあるでしょうか。エンジニアである以上、技術的なスキルに長けていることは最も重要ではありますが、フリーエンジニアとして成功するためにはそれだけでは足りないといえるでしょう。フリーエンジニアは一人の経営者でもあるわけですから仕事を得るためのコミュニケーションスキルも必要になります。また、自分のことを多くの人に知ってもらうようなプレゼン能力も磨いておくとより成長できるでしょう。

  • 実務経験の蓄積が必須

    フリーランスになるためにはしっかりとした準備が必要です。準備不足のままフリーランスになってしまうと仕事を得るのが難しくなって収入が減り、何のためにフリーランスになったのかわからないといった状況になりかねません。中でも実務経験は重要で、会社員時代に積んでおくことが求められます。今回はフリーランスになる前に積んでおくべき経験について紹介します。これらの経験を会社員時代に積んでいるかどうかでその後の差が出ます。